働き方改革は格差社会を作る。

働き方改革の話しです。
身体が丈夫な人は
裁量労働制を選び、
更に出世や収入増が可能になる。

働き方改革の中では
100時間以上の労働は
医師との面談が必要になります。
1回の医師との面談には◯万円もかかるので、
安易に会社も100時間も残業をさせることが無くなってきます。
収入も出世も限定的になっていきます。

そしてもひとつ目的が、メンタル不調や
身体が丈夫でない方の対応です。
今、派遣の条件がすこぶる良くなっています。
無理をしないでこちらの選択もありますよと
政府・産業界・医療業界・心理界がまとまって
健康診断、ストレスチェック制度を利用しながらこの振り分け準備に追われています。

昭和の時代は一億総中流。
格差の少ない社会でした。

法案成立に向け 今年は無理なら2019年と、
産業界は必至です。

人生格差は身体の体質が
これから大きな要素になる事でしょう。

Amazon 人生格差はここから始まる

HP   https://bmup.jp/
MAIL info@bmup.jp

関連記事

ポジティブな性格に変わる2

ポジティブな性格に変わる

30年間にうつ病は10倍に。

30年間になぜうつ病は10倍も増えたのか?

自己啓発をする前に!

電子書籍を出版しました!