朝が辛い、起きれない!学校・会社に行きたくないを改善する。

朝が辛い、起きれない!
学校・会社に行きたくないを改善する。

朝、起きても暗い気持ち。憂鬱感。
体はだるく、重い。動きたくない。

学校・会社に行きたくないが行かなきゃいけない。
どんどん憂鬱感が増してくる。
胸がドキドキして不安感が強くなったり、
どうにもならない八方塞がり感が増してきたり、息苦しさが増してくる。

また胃が苦しくなって吐き気がしたり、
お腹が痛くなったりする人もいます。

どんどん苦しくなって逃げたい気持ちになって、休んでしまう。

どんな心構えに変えれば、行けるようになるのか?
この辛い状態をどうやって改善していけるか?
よく問い合わせを頂きます。

特に冬場になるとこのようなご質問等が、
かなり多くなっていきます。

実はこの状態が起こるのは、
ある状態が重なった時に起こる状態なんです。

簡単にストレスと言ってしまうと
それまでなんですが
1.過労状態、もしくは睡眠不足状態が続いて
低体温化されている状態。
(睡眠不足状態は心労・悩みなども大きく関係しています)
2.一般的に体温は朝5時頃から上がり始め、朝7時には活動しやすい状態になる。
そして体はアルカリ体質に変わっている状態なのだが
過労と心労などが重なって、朝5時から体温上昇がずれて朝7〜8時頃から上がり始めている状態。そして体が酸性体質状態になっている。

この状態で前向きな思考に変え、なんとかしようとすれば、更にからは交感神経が上がり、体を締め付け 肉体的にも精神的にも辛くなる。
経験した方ならわかるように、動こうとすると苦しくなり、更に行かなきゃとやる気を出せばもっと辛くなる。

行こうすればするほど苦しくなる為、
精神的なアプローチでは通用しない。

体温を上げ、体の状態をアルカリ化に
ゆっくり持っていくことで活動しやすくなり、気持ちも変わり易くなる。

この方法をお伝えしたく動画を作りました。

朝が辛い、起きれない!学校・会社に行きたくないを改善する

関連記事

眠れない④

勇気を持って動画を作りました。5.うつ病と生活習慣病、 根本原因は同じだった!

NO IMAGE

4.うつ病と生活習慣病、 根本原因は同じだった!

2、うつ病と生活習慣病、 根本原因は同じだった

頭の切り替え方・気持ちの切り替え方

うつ病と生活習慣病、根本原因は同じだった 栄養の吸収率を高める重要性