人生格差1

富める者は益々富む人生格差が始まっていく

人生格差はどこからはじまるのか?

私は長年、心理カウンセラーとしてカウンセリングをしています。
カウンセリングで考え方を変えてやる気が起こる人もいるのですが、そうでない人もいます。この差がどこから起こるのか?ずっと悩んでいました。

カウンセリングに来られる人の幅は広く、人生で使い切れないお金があるにも関わらずさらなる大きな夢を追いかける実業家もいれば、真面目にコツコツ頑張って出世していこうとしている人、人生がうまくいかないと落ち込む人・絶望して嘆く人まで幅広く来られます。

素晴らしい出会いや何か大きな転機があって、人生を大きく発展させた人もいます。
また人脈を広げたい、人生を変えたいと思っているのに素晴らしい出会いにも気付かず、人生の転機をつかめないまま変わらない人もいます。
そして人脈を広げようとも思わない人もいます。

辛い苦しい経験をしても「そこから学ぶ人」「ただ耐える人」、「苦しみから避ける人」と別れていくように大きく3つのタイプに別れていきます。

いつしか人は社会の中で大きく3つのタイプに別れていくのを感じていました。

 

高校時代や大学時代はそれ程、大差がなかったのに・・・。
どのような過程で人生格差が生まれていくのか?
興味を抱くようになりました。

この差はなにから始まるのか?

カウンセリングをしていると心だけで問題ではない。それ以前に身体の状態が深く関係しているのではないかと思うようになりました。いつしかクライアントさんの幼少期の身体の状態、成長過程、社会人になってからの身体の状態の推移を細かく聞くようになっていました。 

その中で身体を壊したり頑張れなくなった人は、その数年前から身体の変化が起こり始め、無理ができない身体の状態に変化していきながら、その後に決まったように頑張れなくなっていくのがわかりました。

使い切れないほどのお金があるにもかかわらず、事業を拡大してもっと頑張ろうとする人はその数年前から、いくらでも頑張れる身体の体質に変化が起こり始め、そこからチャンスを取り込みながら、これもまた決まったように学歴や経験に関係なく、なるべくして成功していくのがわかりました。

大発見の連続でした。

自己啓発をする前に、意識を変えられる身体の体質を作らなければならないことがわかりました。そして心のアプローチから体質改善を中心にカウンセリングで行うようになりました。
その頃からです。どれだけカウンセリングをしても変われなかった方が、体質が変わっていく中で自然に肯定感が強くなり始め、素晴らしい人との出会いや、人生の転機を受けられるようになり、劇的に人生が好転していく人が増え始めました。
また向上したいのに、人脈を広げたかったのにできなかった忍耐我慢で出世を願うタイプの方は、予想以上に早く大きな変化を起こしていくことがわかりました。

身体がある状態になれば、自己肯定感が強くなり、活動的になりながら見聞を広め、自分に取り入れながら、何をするのが一番良いのかを知り、さらに頑張っていく体質になっていく。

3つタイプの明らかな違いは身体の体質が
はっきりと別れているということです!!

大きく3つのグループに別れていきながら人生格差は拡大していくのがわかったのですが、この差はどこから生まれるのか気になるようになりました。成功者には学歴、能力、生い立ち、経験など関係がないことがわかりました。何が原因で別れていくのか?性格や精神面ではなかったのです。詳しくは人生格差2に続きます。

※「身体の状態」というのは、特定の部分や機能の障害の有無のことを言っているのではありません。以後、ご説明していきますので、誤解のなきようご理解ください。